2015年4月20日 隣接の栃交自動車学校にて運転技術訓練?

【 栃木交通バス乗務員実技研修 】
バスの特性(車体感覚・死角等)の認識や運転技術の精度を高めるために、栃交自動車学校の場内コースにおいて、実際の道路で発生している事故事例に基づいて、高度な課題を設定し実技訓練を行いました。
【訓練内容】
1.路端停止・・・・道路上の乗車・下車を想定(路端から30cm以内)
2.隘路・・・・・・・・サービスエリアや駐車場等を想定
3.縦列駐車・・・・見学場所での駐車等を想定
4.S字クランク・・ホテルのエントランスや観光地を想定
5.方向転換・・・・駐車場や施設での方向変換を想定

  2015年4月20日 隣接の栃交自動車学校にて運転技術訓練?

【 栃木交通バス乗務員実技研修 】
バスの特性(車体感覚・死角等)の認識や運転技術の精度を高めるために、栃交自動車学校の場内コースにおいて、実際の道路で発生している事故事例に基づいて、高度な課題を設定し実技訓練を行いました。
【訓練内容】
S字クランク・・ホテルのエントランスや観光地を想定

  2015年4月20日 隣接の栃交自動車学校にて運転技術訓練?

【 栃木交通バス乗務員実技研修 】
バスの特性(車体感覚・死角等)の認識や運転技術の精度を高めるために、栃交自動車学校の場内コースにおいて、実際の道路で発生している事故事例に基づいて、高度な課題を設定し実技訓練を行いました。
【訓練内容】
隘路・・・・・・・・サービスエリアや駐車場等を想定

  2015年3月 新型車両3台を導入しました。

最先端の安全装置(衝突被害軽減ブレーキシステム・車線逸脱警報・ドライバーモニター・車両ふらつき警報・車両安定制御システム)を備えた新型車両3台導入しました。
 
快適な移動空間を支える磨き抜かれた安全性こそ目に見えない最高のおもてなし

  2016年7月28日 新型車両3台(大型2台・中型1台)を導入しました。

2016年7月28日に、最先端の安全装置(衝突被害軽減ブレーキシステム・車線逸脱警報・ドライバーモニター・車両ふらつき警報・車両安定制御システム)を備えた新型スーパーハイデッカー車両3台(大型2台・中型1台)を導入しました。
 
快適な移動空間を支える磨き抜かれた安全性こそ目に見えない最高のおもてなしです。
 

  出発前後の点呼(アルコールチェック)風景

運行前と運行終了後は点呼時にアルコールチェックを義務付けています。
 
 
 
 
 
 
 

  運転者適性診断(3年以内に1回以上を義務化)

NASVA(独立行政法人 自動車事故対策機構)のにて適性診断は、バス、ハイヤー、タクシー、トラックなどの自動車運送事業者における運転者の方を対象に、自動車 の運転に関する長所、短所といった「運転のクセ」を様々な測定により見い出し、それぞれのクセに応じたアドバイスを提供することで、交通事故防止に活用い ただいているものです。
栃木交通バスではNASVAにて、国土交通省令により受診が義務付けられている初任診断、適齢診断、特定診断、を実施しております。

  平成27年1月13日に雪道走行及びチェーン装着訓練を行いました。

雪道走行訓練・チェン装着訓練を実施しました。

  「貸切バス事業者安全性評価認定制度」において3つ星を獲得!

 平成23年度からスタートした貸切バス事業者安全性評価認定制度は、貸切バス事業者の安全性に対する取組状況等を評価・認定する制度です。よ り 安全性の高い貸切バス事業者をお選びいただく際の指標としてご活用くださるようにバス協会が厳しい評価基準を設け、クリアした事業所に認可する制度となっ ております。
お蔭様で栃木交通バスは、三つ星を取得することができました。

  平成最後の「事故防止乗務員実技研修」行いました(1)

今年で4回目となる「事故防止乗務員研修」を平成31年4月15日(月曜日)、栃交グループの「栃交自動車学校」で実施致しました。
路端停止・前進直角駐車・縦列駐車・前進S型通過・方向変換等、難易度の高い課題を履行することで、運転技術の精度を高め、車体感覚・死角等を再認識し、事故防止を図るための取り組みです。グループ内に「教習所」を持つ「栃交グループ」ならではの取り組みです。

  春の交通安全県民総ぐるみ運動に参加

 平成29年4月6日(木) 春の交通安全県民総ぐるみ運動に参加しました。

  事故防止に向けた乗務員実技研修 その1

 2017年4月3日に事故防止に向けた乗務員実技研修会を行いました。
研修に参加したのは当社の運転手とバスガイド合わせて49人。
研修は同じ「栃交グループ」の栃交自動車学校で実行しました。
研修では長さ12メートルの大型バスを使い運転手の技術を確認しました。参加者は住宅地に見立てた狭いコースでS字クランク・縦列駐車・方向転換などを行い安全性を保てているかどうかを、型二種検定員の資格を持つ教習指導員がチェックしました。また、この春に入社したばかりの新人のバスガイドも参加し、事故などの緊急事態が起きた場合に非常出口から乗客を避難させる訓練を行った。

  事故防止に向けた乗務員実技研修 その2

 2017年4月3日に事故防止に向けた乗務員実技研修会を行いました。

  2017年1月23日に雪道走行及びチェーン装着訓練を行いました。

雪道走行訓練・チェン装着訓練を実施しました。

  ひのでーすの日本全国あんなバスこんなバスに掲載されました。

日野自動車のお客様のためのトータルサポートマガジン「ひのでーす」の「日本全国あんなバスこんなバス」のコーナーに掲載されました。

  平成26年4月11日(金)の下野新聞に掲載されました。

応急手当講習では”救急車がくるまでに”の訓練で心肺蘇生、AED操作、人工呼吸のやり方等の講義授業を受講しました。

0285-53-7001

お電話でお問合せ(平日 9:00~18:00)

CONTACT

メールフォームでお問合せ