栃木交通バス株式会社

 

運賃・料金計算 お問い合わせ 会社案内
  • 栃木交通バスは、『貸切バス事業者安全性評価認定制度』において最高ランクの三つ星を4年更新する事が出来ました。

  • 栃木交通バスの使命は、事業を通じて、お客様に「サービス(喜び、楽しさ、安らぎ、感動、夢、思い出)」を 提供することにあります。

  • Tochigi Kotsu Bus セレガ 41座席のゆったりバス

  • Tochigi Kotsu Bus セレガ 45座席

  • Tochigi Kotsu Bus

  • Tochigi Kotsu Bus

  • 【新車】セレガ ハイデッカー ショート

営業区域と注意事項
営業エリア

 営業エリアは、栃木県内を発着する、または発着のいずれかの場合とさせていただいております。

安全の為のコース作り

安全にお客様を輸送するため、運行に際しては法令等により一定の条件があります。
コース作成の際の参考にして下さい。
ご利用時間 12〜13時間 運転士の拘束時間は通常13時間まで、一定の条件で最長16時間と定められています。お客様のご利用時間以外にも回送や点検、清掃に要する時間も必要なため、この時間程度でお考え下さい。
走行時間 7〜8時間 運転士の運転時間(走行時間)は最長9時間と定められています。お客様のご利用時間以外にも回送に要する時間が必要なため、この時間程度でお考え下さい。
走行距離 昼間: 500km
夜間: 400km
お客様が実際にご乗車になる距離の制限です。ただし、当社独自の規定として出庫から入庫までの距離制限もあるため、法令より短くなる場合があります。
  • 上記の条件を超える場合、運転士2名で運行する場合があります。運転士2名で運行の際は交代運転士用の席として運転席後部の2席を使用させていただきます。交代運転士がガイド席、補助席で休息をとることはできません。
夜行運行 運転士2名運行 上記の時間、距離の範囲内でも、夜行運行の場合は必要に応じて運転士2名で運行いたします。
休憩時間 2時間に1回 高速道路運行時は2時間以内に1回を目安に、15〜20分程度の休憩をお取り下さい。
設定速度 一般道15〜30km/h
高速道路80〜90km/h
信号待ちなどを考慮すると、一般道の平均速度は都市部で15〜20km/h程度、郊外で20〜30km/h程度です。自家用車で試走して行程を作っても、大型バスは小回りが利かないため1〜2割程度長めにかかります。法定速度以上を前提とした無理な行程は承れません。
  • この他、細かな条件等はコース作成時にご相談に応じます。
運賃計算方法
交代運転手(ツードライバー)の配置基準
これまで、勤務時間等基準告示で定められた条件を超えて引き続き運行する場合は交代運転者が必要でしたが、今後はこれらに加え以下の交代運転者の配置基準も遵守する必要があります。
 
 ◆ これまで ◆
「交代運転者の配置基準」
 勤務時間等基準告示で定められた次のような条件を超えて引き続き運行する場合は交代運転者が必要
  イ) 連続時間が16時間を超える場合
  ロ) 運転時間が2日を平均して1日9時間を超える場合
  ハ) 連続運転時間が4時間を超える場合
 ※上記基準は今後も引き続き適用されます。

これらに加えて ↓

 
 貸切バス交代運転者の配置基準(交代運転者が必要な場合) 平成25年8月1日より適用 
  一日
昼 間 夜 間 一 日
ワンマン運行の上限
運転時間

原則
一運行9時間まで


週2回まで一運行10時間まで可
(注意:1日の運転時間は、2日平均で9時間が限界)

一運行9時間まで

原則
一運行9時間まで


夜行ワンマン運行を行う場合を除き、週2回まで一運行10時間まで可
(注意:1日の運転時間は、2日平均で9時間が限界)

実車距離
原則
一運行500kmまで
※1の条件を満たした場合は
昼間は600kmまで
原則
一運行400kmまで
※2の条件を満たした場合は
夜間は500kmまで
1日に2つ以上の運行に乗務する場合の合計は
(注意:この時、運行と運行の間に連続1時間以上の休憩を入れなけ れば、別運行とは見なさない。一方、1日の乗務の中で2つの夜間ワ ンマン運行に乗務する場合には、連続1時間以上の休憩を挟んでい ても1つの夜間ワンマン運行とみなす。)
  600kmまで
※3の条件を満たした場合
当該合計は週2回まで 600km超が可
連続乗務回数
連続 4夜まで
連続運転時間
高速道路の実車運行区間で概ね2時間まで 実質運行区間で概ね2時間まで
休憩時間
運転時間4時間毎に合計30分以上
(実車距離500km超は運行途中に合計1時間以上(1回20分以上で分割可))

実質運行区間で概ね2時間毎に
連続15分以上

  • ※1 運転途中に?時間以上の休憩(1回20分以上で分割可)・乗務中の体調報告
  • ※2 運転11時間の休息を確保しており、一運行の乗務期間が10時間以内又は運行途中に連続1時間以上の休息を確保・運行指示書上、実車2時間ごとに20分以上の休憩を確保・乗務中の体調報告・デジタコによる運行管理
  • ※3 複数の運行のそれぞれの実車距離は、「一運行の実車距離」の範囲内。・乗務中の体調報告・デジタコによる運行管理

  • 栃木交通バスでは、全車種任意保険(無制限)に加入しておりますので、万一の際にも安心です。
  • 安全、快適さをご提供し最良のバスと心のサービスをご用意する「ホスピタリティ企業」を目指しています。
  • 車種はバラエティ豊富にご用意しておりますので、数グループから団体様までご利用目的に合わせて、ご自由にお選びください。

貸切バス運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)により運転時間4時間毎に30分以上の休憩をとるように定められており、休憩時間を分割 する 場合は10分以上となっております。高速道路のサービスエリア等で休憩をとる場合、10分未満では休憩時間とみなされませんので、お客様が揃い次第出発と いう場合に、5分でお揃いになられても出発することはできませんのでご理解くださいますようお願いいたします。
栃木交通バスで行く『らく旅』
 
  • 会社案内
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護
  • アクセス
  • ページトップ
  • Copyright© 栃木交通バス株式会社 All Rights Reserved.   TOCHIKO GROUP